「夜行バス」のデメリットとは?

寝不足には注意!バスの中でも快眠できる準備を

遠距離の移動に夜行バスは便利ですが、実際にはいくつかのデメリットもあります。しかし、デメリットのほとんどは、事前準備や注意をしておくことで避けることができます。

夜行バスの大きなデメリットとしては、座席の狭さやバスのエンジン音などが影響して、夜眠ることができないというものです。バスの中で一睡もできなければ、寝不足になってしまい、旅先で旅行イベントを楽しむことができません。寝不足を避けるためには、事前にバスの座席の広さを調べておいて、十分に眠れるスペースを確保することが重要です。また、耳栓を用意することで、バスのエンジン音からくる寝不足を回避できます。携帯音楽プレーヤーを用意しリラックスできる音楽を入れておくと、夜行バスの中での快眠に役立ちます。

時間を浪費しないために!バス停からの移動手段は調べておく

ほとんどの大きな都市には、夜行バスが停まるバス停があります。しかし、夜行バスのバス停は、電車の駅や路線バスのバス停ほど多くはありません。ツアー以外の夜行バスが停まるバス停は、都市の主要駅周辺や、高速道路のインターチェンジであることがほとんどです。そのため、到着地のバス停についてから、目的地に着くまでには、別の交通機関を使う必要があることが多いです。

せっかく夜行バスで目的地周辺まで行っても、迷ってしまい旅先で使える時間が少なくなってしまっては、時間を無駄に浪費してしまいます。昔と違い今では、目的地の名前や住所を知っていれば、インターネットで簡単にバス停からの行き方を調べることができます。夜行バスを使って移動したのち、時間を浪費しないためにも、バス停から目的地までの移動手段は調べておきましょう。